The Mail Magazine

The Mail Magazine


まずはメールマガジンで“1億円を稼ぐキモ”についてお伝えします。

この章であなたにお伝えすることは
メルマガで稼いでいくための地図です。

つまり、あなたが目指すべき完成図とも言える形についてお伝えしていきます。

また、

「メルマガで稼ぐためにはコピーライティングは必要なのか?」

といった少し面白い話もさせていただいているので
あなたにもかなり楽しんでもらえると思います。


第1章でお話しする内容を少しだけ公開すると・・・

メールマガジンで稼げない99%の人が共通して勘違いしている致命的なポイント・・・最速最短で億を稼ぐメルマガ戦略の全貌とは?
「メールマガジンで稼ぐためには一体何が必要なのか?」この問いに明確に答えられる人が、この業界には何人いるでしょうか?おそらくほとんどいないと思います。なぜなら、答えることができるのなら、年間1億円くらいは余裕で稼げているはずだからです。しかし、現状はそんな人は全体の1%もいないですよね。最も効率良く、そして最短距離でメルマガで稼ぎ出すための秘訣をあなたにお伝えします。
あなたはどう思いますか?メールマガジンで稼ぐためにはコピーライティングは必要なのか?
これまでずーっと言われてきたことだと思います。もう一時期はコピーライティング至上主義とまで言えるほど、メールマガジンとコピーライティングは切っても切れない関係だと言われてきました。私から言わせれば、「メールマガジンで稼ぐためにコピーライティングは必須だ!」と声高らかに宣言するのは逃げでしかないと思うんですが、その理由と、私なりの見解を述べさせてもらいます。おそらく、あなたがメルマガで爆発的に稼ぐキッカケになるのは間違いない目から鱗の見解だと思いますので是非楽しみにしておいてください。
「メールマガジンで毎年1億円を稼ぎ続ける小玉歩」と「1円たりとも満足に稼げない人」の決定的、かつ絶望的な違いとは?
実は、ただこの1点だけを改善できれば、これまで稼げなかったのが嘘のように見違えるほど稼ぎ出すことができてしまいます。これまでの私の教え子を含め、弊社の社員でも、 「別人になったんじゃないか…?」と思わず感じてしまうほどの成長を見せた改善ポイント なので、確実にあなたにとっても効果があります。あなたも今すぐにこの改善ポイントを知り、過去のダメダメな自分から生まれ変わり、見違えるほど稼ぎに稼ぎまくっていってください。
なぜ、The Mail Magazineを手にした私の教え子は、ほぼすべて例外なくメールマガジンで稼ぎ出すことができているのか?
この問いに対する答えは、私の中で明確にあります。なぜなら、これまでのメルマガ教材とは決定的に違う“あるポイント”を意識して作り上げたからです。だからこそ、ストレートな王道教材に仕上がったと思います。個人的には年間1億円、どんなに低く見積もっても年間3000万円は稼いでもらえるクオリティとなりました。是非、あなたの手に取ってそのレベルの違いを確かめてください。
あなたがメールマガジンをスタートしてから、一気に、最短距離で大きな成果を叩き出すために必須の“億を稼ぐ4つのマインドセット”とは?
実はこれ、私が最近で最も気になっているマインドセットでもあります。私は無意識的にできていたことなんですが、いつまで経っても成果が出せない人には、ほぼ100%の確率でこの意識が欠落しいていました。4つのうち、どれか1つでも2つでも成果は出ません。4つすべてが揃わなければ、延々と無駄な時間と労力を使い、人生を食いつぶすだけの絶望的な結果となってしまいますので、必ずこの4つはあなたの記憶に、心に、そして身体にしっかりと刻み付けてください。
優秀なサラリーマンは、なぜ副業でも驚くほどあっさりと稼げてしまうのか?その理由をお伝えするとともに、あなたのビジネスにも生かす唯一の方法をお教えします。
おそらく、ほとんどの人が「優秀なサラリーマンが成功するのは生まれ持った能力が高いからだろ?」と言うと思います。思いますが、私の見解は違います。実際、そんなに能力が違う人なんてほんの一握りだと思うんですよ。ほんのちょっとの考え方の差が、厳然たる結果の差になっています。差自体は、ほんのわずかです。ですので、ちょっとしたコツを掴むだけで見違えるほど稼ぐことができるようになりますので、あなたも必ず取り入れていってください。 この違いを知るだけで「あ、この人、頭良いな」と思われるようになりますよ。
まさに今、現在進行形で稼ぎ続けていることの重要性・・・私がプレイヤーとして最前線で稼ぎ続けることにこだわる本当の理由とは?
この業界では、ちょっと稼いだらプレイヤーであることを止めて指導者側に回る・・・という流れが一般的になっています。なぜなら、そちらの方が楽だからです。指導者側に回るということは、たとえば自分が国内転売をやっていたら、国内転売から身を引いて自分では実践しなくなり、その分、空いた時間をコンサル生をなどを指導する時間に回すということです。一方で、私は自分がプレイヤーでありながら指導をすることに一貫してこだわり続けています。つまり、私自身も実践しながら指導もするわけなので大変です。本当にかなり大変。 しかし、いくら大変でも私は明確な理由があって「プレイヤー」と「指導者」の二足のわらじを履いています。 実はこれこそが、私が稼ぎ続け、そして私の教え子達が次々と稼ぎ出せている理由でもあります。あなたもこの事実を知れば、一気に稼ぎ出すことができると思いますので、是非楽しみにしていてください。
すべての個人・企業がメールマガジンに取り組まなければならないと断言できる3つの理由とは?
もはや今の時代、メールマガジンに取り組まないというのは「死」を意味することになります。なぜなら、これほどまで効率的に稼げるビジネスモデルはありませんし、何よりも顧客自身が求めているからです。そして、私が手掛けているビジネスが軒並み上手くいっているのは、このメールマガジンを取り入れているからなんですね。「メールマガジンこそが最強だ」と断言できる3つの理由について詳細にお話しますので、あなたも今すぐにメルマガを始める心の準備をしてください。
メルマガ vs ブログ、メルマガ vs Facebook、メルマガ vs Twitter、メルマガ vs YouTube・・・まさに今、旬を迎えている各メディアとメールマガジンを比較した勝敗の結果とは?
ネタバレになってしまうので、あまりここでは多くは語れませんが、今まさに流行っている各メディアとメールマガジンを比較しました。それぞれのメディアには、それぞれの特性と特徴があります。しかし、各メディアの特性と特徴を正確に把握した上で、各メディアを効率的に活用できている人は皆無です。皆無。 みーんな、あまりに下手過ぎます。もう見ているこっちが恥ずかしくて赤面してくるレベルです。あなたはあのような恥ずかしい輩と同じ穴のムジナにならないよう、真っ先にこのパートを確認しておいてください。
メールマガジンからの売上を限界まで最大化する”本当のブログの使い方”とは?
“本当のブログの使い方”って知ってますか?淡々と記事を投稿して、記事数を増やしていくだけではダメなんです。ブランディングに活用するとか言ってるだけでもダメです。もっと別の、もっと活用すべき重要なポイントがあります(99%の情報発信者はわかっていませんが…)。あなたには“本当のブログの使い方”についてお伝えしますので、無知で傲慢な他のメルマガ発行者との圧倒的な差別化を図っていってください。
LINE@を100%活用する方法・・・LINE@の圧倒的なメリットと、裏側に潜む大きなリスクとは?
2015年にLINE@が個人にも解禁されてから、まさにメールマガジンを中心とする情報発信ビジネスに革命的な変化が訪れました。 もはや、情報発信者がLINE@に取り組まないのは、ただの怠惰だと言わざるを得ません。絶対に取り組まなければならないんです。「LINE@に取り組まなければならない」と断言できる決定的な理由と、一方で、そのメリットの裏に潜む大きなリスクについてお話しします。

この手紙の中で一貫してお伝えしてきました。

メールマガジンで“稼ぎ続ける”ためには、

・ステップ1:読者を集めて
・ステップ2:読者と信頼関係を築いて
・ステップ3:読者にセールスをする
・ステップ4:満足度を高めてリピートしてもらう

この4つのステップが不可欠です。

その最初のステップ、、

収益の源となる読者を集める方法について
私が現在進行形でやっている11の集客法を
すべて公開したいと思います。

実に約23万部となった私のメルマガ読者の集め方となります。
23万人と言えば実に東京ドーム5つが満員ですよ。

まさに“年収1億円の源泉”と言っても過言ではありません。

何はともあれまずは読者を集められなければ、
1円たりとも生み出すことができないからです。

集客は私が最も得意とするジャンルであり、
私ほど最前線で実践し続けている人は
この業界には皆無です。

実は以前にも同様に私が実践している集客法を
まとめたことはあったのですが今回はその最新版です。

正直なところ、FacebookやTwitter、YouTubeといったメディアが
かなりの隆盛を見せているので以前よりも集客はしやすくなりました。

無料・有料問わず、本当に読者を集めやすくなったんです。

ただ、その反面、情報が錯綜して
「結局どうすれば良いのか?」といった
一種の混乱状態に陥っています。

しかし、もうあなたが読者集めに悩む必要はありません。

まさにこの今の時代に、最も効率的な“最新の集客法”を
ランディングページの作り方とともに詳細に解説します。

「これをやってるのは業界でも私と2、3人くらいかな?」と思うほどレアで、 絶大な効果がある“とっておきの集客法”についてもお伝えしますね。


>>> The Mail Magazine




第2章でお伝えする内容を少しだけ公開すると・・・

なぜ、私が毎日100人以上も読者を集められている中、ほとんどの人が1日10人すら読者を増やせず、ヒーヒー苦しんでいるのか?その明確な理由をお伝えします。
「集客」ができなければ、どんなジャンルのビジネスでも死ぬことになります。なぜなら、人を集められなければ1円たりともお金が生まれないからです。しかし、逆に言えば、集客さえできれば好きなだけお金を生み出すことができるということでもあるんですね。ただ、いくら集客ができても広告費ばっかり使っていては意味がないですよね?安心してください。無料で読者を集める方法なんていくらでもありますから。私のリストビルディングの秘密を完全公開しますので、1秒でも早くあなたのビジネスに取り入れていってください。
この業界にいると麻痺してしまいがちですが・・・メルマガの読者を集め始める前に、必ず骨の髄まで理解しておかなければならない一般人の心理とは?
この業界にどっぷり浸かっているいわゆる大御所と言われるような方々でも、恥ずかしいくらいのミスをしているのをご存知ですか?「いや~それじゃ読者なんて集められるわけがないですよ」と本人の目の前で言って上げたいところなんですが、波風を立てるのは良くないので教材内でだけこっそりお伝えすることにします。このネットビジネスの「ネ」の字も知らない一般人の心理を見落としてしまうと、下手をすれば本当にいくらやってもまったく読者が集まらないということになりかねません。あなたはそんな無駄なことをしないように、まずはこのポイントを押さえておいてくださいね。
濃い読者をサクサク集められる効果的なランディングページの作り方・・・あなたにとって最適なランディングページを作成する3つのポイントとは?
ランディングページとは、メールマガジンの読者を集めるためのページのことです。「この情報を知りたければ、こちらにメールアドレスをご登録ください」みたいなページを、あなたも見たことがあるのではないでしょうか?それがランディングページです。そして、いざメルマガの読者を集めようとなったときに、一番最初につまづくのがこのランディングページの作り方です。一言で言えば、「ランディングページに何を書けば良いのかわからない…」といった悩みですね。その悩みを完璧に解決する3つのポイントをお教えしますので、悩む瞬間すらないほど秒速でランディングページの作成に取りかかってください。
実はちょっとしたことなんですが・・・メルマガの読者登録率を2.81倍にしたメルマガ登録ページの“ある仕掛け”とは?
これができていなければ時代に取り残され、一向にメルマガで稼げるようにはならないでしょう。なぜなら、そもそもメルマガ読者を集める難易度が異常なまでに高くなってしまうからです。時代に取り残されることなく、ライバルを蹴散らしてメールマガジンで稼ぎまくっていけるように、あなたもこのパートだけはしっかりと確認しておいてください。
あなたは、時代に最もマッチした集客法をご存知ですか?小玉式集客注力度ランキング ベスト5を公開します!
あなたもご存知のように、ネットビジネスの業界は本当に流れが早いです。プラットフォームの規約変更なんかは日常茶飯事ですし、常にそういった環境の変化に対応できなければ、確実に置いてけぼりを食らうことになります。要するに死にます。だからこそ、最新の集客法が大切ですし、だからこそ、私は日々最新の集客法を探求し続けています。私が、実際に頭を使い、知恵を絞り、手足を動かしてテストした結果、最も効果があった最新集客法ランキングを公開します。こんなにも凄い方法があったのか・・・とあなたにも関心してもらえると思いますよ。

>>> The Mail Magazine

Facebook、Twitter、YouTube、ブログ、メルマガ・・・各メディアが持つ独自の特徴と本当の活用法とは?
各メディアにはそれぞれ固有の特徴があり、それに伴ってユーザーの質が異なります。そのため、メディアごとに発信する内容や投稿の頻度を変えなければならないんですね(ほとんどの人が理解できていませんが…)。たとえば、FacebookとTwitterで同じ内容を投稿しているとか、マジで終わっています。本当に反省してください。また、Facebookのコメント欄で馬鹿みたいに無料オファーを投稿しまくっている人もいますよね。普通に考えればあんな恥ずかしい行為には出られないはずなんですが・・・このパートでは、各媒体の本当の活用法をお伝えし、各媒体の最適化を図る方法を公開します。
ずばりお答えします!まさに今、この時代にメールマガジンの読者を集めるために最適なプラットフォームとは?
無料レポートスタンド、Facebook、Twitter、YouTube、ブログ等々…本当にいろんなプラットフォームがありますが、本当に濃いメルマガ読者を、最も効率良く集められる最適なプラットフォームはどこなのか?無料・有料問わず、その質問にずばりお答えします。「これをやっているのは業界でも私と2、3人くらいかな?」と思うくらいレアで、信じられないほどの効果がある“とっておきの集客法”についてもお話ししますね。
自分にあまり関心のない薄いメルマガ読者を、自分のために喜んでお金を支払ってくれる濃い読者へと変貌させる本質論的テクニックとは?
私自身、このテクニックを駆使しすることによって集めた読者を「濃い読者」、つまり自分の「ファン」へと変えることに成功しています。特に2014年から2015年にかけてはこのテクニックに磨きをかけたことによって、右肩上がりにファンになっていただける方を増やすことができました。その結果が、2015年の2億円を超えるアフィリエイト報酬です。まだまだ、まったくと言って良いほど誰もやっていないテクニックですので、あなたもいち早く手にし、ガンガン活用していってください。
実は意外な盲点だったのですが・・・あなたのFacebook媒体を拡大していく上で、最も注力すべき“あること”とは?
私自身、このポイントに2014年の夏頃から着目し、テスト的に試していました。その結果、メルマガ読者を一気に3000人ほど増やすことができるなど、かなりの成果を得られました。このポイントに触れている人は誰も見たことがないいのですが・・・だからこそ、誰もやっていないものですので、あなたにもすぐに効果を体感してもらえると思います。すぐにでも取り入れてください。
あなたのメルマガを毎日欠かさずワクワクしながら読んでくれる濃いメルマガ読者を集める唯一の方法とは?
この部分を理解できていない人があまりに多過ぎます(この事実があるからこそ、本当の意味で○○に取り組まなければならないのですが…)。この意味をきちんと理解し、「あなたが本当に取り組まなければならないこと」を明確にしてください。そうするだけでライバルを出し抜き、恥をかかせるほど圧倒的に稼ぐことができてしまいます。
メールマガジンからの収入を爆発的に高め、長期安定的に稼ぎ続けるために、誰もが必ずやらなければならない“ある集客法”とは?
これはあまり話したくはないことなんですが、かなり重要なので特別にあなたにはお伝えします。あなたの稼ぎのステージを一気に引き上げる方法と、誰もがこれをやらなければならない本当の理由についてお話します。この理由さえ聞けば、あなたにも「あ、これはやらないと死ぬな…」と痛感してもらえると思います。誰も話していない面白いお話ができたと思いますので、あなたも必ず確認しておいてくださいね。
あなたが紹介する商品をまったく購入してくれないような読者でも、絶対に切り捨ててはいけない決定的な理由とは?
誰もが気軽に情報を発信、拡散させられる時代だからこそ生まれる発想です。自分がメールを送っている先には実際にこの世に存在している“生きた読者”がいるんだという意識が希薄であれば、このような考え方にはなりません。どれだけ薄い読者であっても回り回って100%あなたに利益をもたらす存在になると断言できる理由をお伝えします。そして、あなたは1人1人の読者ときちんと向き合って、末永く付き合っていくという意志と覚悟を持ってください。そうすれば、自ずと読者と共鳴し、確実にあなたのことを信頼してくれるようになるからです。あなたもしっかりと時代に乗ったメールマガジンの取り組み方を意識してみてくださいね。
ネットビジネスの知識などないウブな読者を集め、5年10年と長期的に稼いでいく本当の方法とは?
私が実践している「ウブな読者の集め方」についてお伝えします。以前に6万円で販売していた教材内でもお話したことがあるのですが、今回はそれのリニューアル版となります。正直なところ、あなたは「こんなことやりたくない!」と思うかも知れませんが、取り組みとしてはかなり面白いものになりました。是非あなたのビジネスに取り入れ、ウブなリストから安定した収入を獲得していってください。
オフラインのマス広告で興味付けした見込み客を、オンラインに誘導して読者に変える“驚くほど簡単なテクニック”とは?
オフライン広告のメリットは何と言ってもウブな見込み客にアプローチできるということ。しかし、オフラインの見込み客をオンラインに誘導し、読者へと変えるのはそう簡単ではありません。緻密な計算のもと、オフラインからオンラインへ自然な流れで誘導するスムーズな流れを構築する必要があるんですね。このパートでは、私が実践した効果的なオンライン誘導戦略についてお伝えします。
再現性100%・・・誰にでも到達可能で、誰もが目指すべきTwitterリストマーケティングの完成形とは?
あなたも無意味なツイートを繰り返すだけの残念な人になる前に、まずはこちらを確認しておいてください。まずはあなたが到達すべき最終地点を提示しますので、あなたはそのゴールを目指して迷い無く突き進んでもらいたいと思います。そして、Twitterのユーザー層とターゲット層を明確にし、綿密な計画を立てた上でTwitterを攻略していってください(実は、最近Twitterはライバルが減って熱い史上だということも付け加えておきますね)。
Twitterで読者を集めるときは、必ず意識しておいてください・・・Twitter上でのメルマガ登録率を劇的に高める3つの要素とは?
大切なのは自分を客観視すること。Twitterユーザーに「この人のメルマガを読みたい!」と思ってもらうことが最重要なのですが、ふざけているとしか思えない雑魚ばかりで憤りすら感じるほどです。真面目にやってください、真面目に。ビジネスなんですから。Twitter上で「何をどのようにすれば良いのか」を具体的に説明しますので、あなたも恥ずかしい想いをする前に今すぐ取り入れてください。
あらゆる属性のリストを面白いようにザクザク集めるために必須のシンプルな発想とは?
メールマガジンで稼いでいくためには「属性」という概念は絶対に外せません。たとえば、英語を学びたいと思っている人に数学の参考書を売るのは至難の技ですよね。そもそも、数学の教科書なんて欲しいと思っていないわけですから。しかし、英語を学びたいと思っている人に、英語の参考書を売るのはそう難しくはありません。「属性」を簡単に説明するとこういうイメージです。だからこそ、メルマガで何か商品を販売して稼いでいくためには「属性」という概念が非常に重要なんですね。あらゆる「属性」の読者を集め、必要に応じてあらゆるジャンルの商品を販売することができるユニークな発想法についてお伝えします。
2000回を超える広告テストでわかったことがあります・・・Facebook広告のコンバージョンを4.7倍に高める3つの要素とは?
Facebookは無料で読者を集めるメディアとしても非常に優秀なんですが、有料のFacebook広告も極めて優秀です。しかし、残念ながらFacebook広告のノウハウそのものが市場にはほとんど出回っていません。メルマガの読者を集めるためのノウハウであれば尚更です。ただ、だからこそ、驚くほどお得に読者を集められてしまうメディアでもあるんですね。このパートではFacebook広告の具体的なテクニックとコンバージョンを劇的に高める3要素について事例を交えてお話しします。

>>> The Mail Magazine

業界でこれをやっているのは私だけでしょう・・・世界一の動画共有サイトYouTubeで読者をガンガン獲得する最も効果的な方法とは?
1日の動画再生数が40億回。年間で1兆回を超えるほどの超再生数を誇る巨大メディアYouTubeをビジネスに生かさない手はありません。しかし、本当に効果的なYouTubeでの読者集めの方法はほとんど出回っていないですよね。トレンド系の動画で動画にアクセスを集めて、その説明欄にメルマガ登録フォームを置いておいて・・・とかいうダサい手法ばかりです。もう少しスマートに、そして市場の半分以下の価格でYouTubeから読者を獲得する方法をお教えします。
ぬるりぬるりと回すのが効果的・・・!?YouTube広告のマスマーケティング的使用法とは?
人が外部から情報を仕入れるとき、視覚からの情報が90%を占めると言われています。一時期、「人は見た目が9割」という書籍も流行りましたよね。だからこそ、動画を使ったマーケティングは絶大な威力を発揮します。動画が視聴者に与えるインパクトを利用したマーケティング手法についてお話ししますので、あなたも今すぐに取り入れていってください。 たったそれだけで驚くほど濃い読者を獲得できてしまいます。
YouTubeでの動画再生数を伸ばし、あらゆる属性の読者をザクザク集めるシンプルな方法とは?
「うわー、YouTubeの動画再生数がなかなか伸びないなー…」と悩んでいるのなら、もうそんな不安とは無縁になります。YouTubeの動画再生数を増やす、あっけに取られるほどシンプルな解決策をご紹介します。私自身もこの方法をバンバン取り入れていますし、これにより「属性」の異なるリストを大量に獲得することができるようになりました。是非あなたも取り入れてみてください。
ライバル激減のブルーオーシャン市場・無料レポートスタンド120%活用術とは?
多くの人が「もう無料レポートスタンドは使い物にならない」と言っていますが、まだまだ効率良くリストを集めることが可能です。というよりも活用しなければ、もったいないと言えると思います。何せ無料で読者が集まって来るわけですから。私が実践した結果、最も効果的だった無料レポートスタンド活用法についてお話しします。
何通メールを送っても無反応だったコールドリストの3.6%を復活させるザオラルメール術とは?
私のとっておきのテクニックの1つをご紹介します。完全に死んでいる(まったく読んでいない)と思われていた読者を復活させる裏技です。おそらく、このノウハウの説明をしても購入者の83%は理解すらできないとは思いますが、強烈なノウハウですので、何度も何度も読み込んで、そして血肉と化していってください。これ、本当に凄いですから。

しつこいかも知れませんが・・・

非常に大事なことなので
もう一度お伝えさせてください。

メールマガジンで“稼ぎ続ける”ためには、

・ステップ1:読者を集めて
・ステップ2:読者と信頼関係を築いて
・ステップ3:読者にセールスをする
・ステップ4:満足度を高めてリピートしてもらう

この4つのステップが不可欠です。

この第3章ではステップ2「信頼関係の構築」がテーマです。

ステップ1で集めた読者と日々のメルマガを通じて
信頼関係を構築していくわけですが、
みーんなあまりに下手過ぎます。

正直なところ、このステップ2で信頼関係を築くことができれば、
ステップ3のセールスは必要なくなると言っても過言ではありません。

なぜなら、セールスの前に読者を
「この人の商品なら買いたい」という
気持ちにさせることができるからです。

これは芸能人のファンで考えてもらえればわかりやすいと思います。

たとえば、Mr.Childrenのライブには、

「ミスチルのライブなら全部行きたい」
「いくら払ってでも行きたい」

という熱狂的なファンがいます。

あなたのメルマガ読者を、まさにこういった熱狂的なファンへと
変貌させる方法についてお話しするのがこの第3章なんです。

そんなことができたら青天井に稼げてしまうと思いませんか?

私、小玉歩の信頼関係構築の極意を
あなたにも包み隠さず完全伝承します。

第3章でお話ししている内容を少しだけ公開すると・・・

「旧時代のメルマガ戦略」と「新時代のメルマガ戦略」・・・読者との関係性において決定的に異なるポイントとは?
もはや、これが理解できていなければ、 「自分の価値観を押し付けるだけの時代遅れの鬱陶しい奴」の烙印を押され、読者の心が一瞬にしてあなたの元から離れていってしまいます。これと同種の現象が起きているのが、よく目にする「コピーライティングは人間の本質的なものを捉えているので、時代が変わってもずーっと使える」とか言っている人たちなんですが、私はこういった発言を見るたびに「あー、この人、、コピーライティングのことなんて本当に何も理解できていないんだな…」と少し同情してしまいます。あなたがそんなあわれで可哀想な人になる前に、あなたが何をやらなければならないのか?を具体的に1から説明していきます。いち早く読者と本当の意味で信頼関係を構築していってください。
読者との信頼関係構築の中でも、最も重要で根幹を成すと言っても過言ではない●●とは?
ここの認識がズレてしまっていると、まさに文字通り、信頼関係構築の根幹が崩れ去ることになってしまいます。その結果、「何かこの人、私と相性合わないなー…」と読者が思い、一気に気持ちが冷めてしまう致命的な状況になりかねません。ヒントは・・・たとえば、いわゆる稼ぐ系のネットビジネスであれば、「お金を稼ぐにもいろいろある」といったところでしょうか。いずれにしても信頼関係を築いていく上で基礎の土台となるものですので、必ず押さえておいてください。
「あ、この人は私にとって必要な情報を教えてくれるんだ」と一瞬にして読者に感じてもらい、毎日あなたのメルマガを楽しみに待ち望んでくれる濃い読者へと激変させる“唯一の方法”とは?
こういった方法について、「あれが良い」「これが良い」といろいろ言われています。言われていますが、私がテストを重ねた結果、この方法はたった1つだという結論に達しました。なぜなら、読者がメルマガ登録直後から深く深く私に興味を持ってくれるようになったからです。あなたにも100%活用してもらえると思いますので、ガンガン取り入れて、読者との信頼関係を一瞬にして築いていってくださいね。
まったくゼロの状態から、あなた独自のキャラクターを生み出し、最速でブランディングを確立する“とっておきの方法”とは?
メールマガジンで稼ぐ最大のキモは「キャラクター・ブランドの確立」です。実際、「メルマガでなかなか稼ぐことができません…」と悩んでいる人の大半はこのブランディングが致命的にできていません。では、なぜブランディングができないのかと言えば、これには明確な理由はあります。この理由をあなたにもお伝えしますので、あなたがブランドを確立できない理由を綺麗さっぱり一掃し、強固で堅牢、圧倒的なブランディングを実現していってください。
あなたに対して、読者がドス黒い憎しみを抱いてしまうほど悪辣な“騙し討ちセールス”の全貌とは?(しかも、違法の恐れすらあります・・・)
実は、多くの人がほとんど意識せずにこの騙し討ちセールスをしてしまっています。この“騙し討ちセールス”は、1回でもやってしまうと読者からの信頼を急速に失ってしまう恐れがあるばかりではなく、下手をしたら法律に抵触する可能性もある・・・それほど危険なものなんですね。騙し討ちセールスの全貌と今後の展望について詳細にお話ししますので、あなただけは手遅れになる前にいち早く対策を立てていってください。
あなたが付き合いたいと心から願う素敵な読者様だけを引きつけ、価値観すら合わず、吐き気をもよおすほど常識に欠けた読者を寄せ付けないためにやるべき“たった1つのこと”とは?
あなたもこれまでの人生の中で「ちょっとこの人とは合わないかなー…」と思った人がいるのではないでしょうか?そういった人が、たとえば同じ職場の同じ部署になってしまったという場合には無理にでも付き合わなければならないかも知れません。しかし、自由に付き合う人を選べるネットビジネスでまで嫌な人と一緒にいたくはないですよね。このパートでは、あなたとは到底価値観が合わない読者が、あなたに近寄って来ないようにするために活用すべき簡単なテクニックをご紹介します (本当に簡単で、今すぐにでも取り入れることができます)。

>>> The Mail Magazine

読者の心を一瞬にして鷲掴みにし、グイグイあなたに引き込ませていく自己紹介の書き方とは?
あなたが何歳だとか、出身地がどうだとか、趣味がなんだとか、家族構成がどうとか、ダラダラ書く人がいますが、はっきり言ってそんなものは何の意味もありません。せっかくあなたに少しでも興味を持って自己紹介を見てくれた人に対して、死ぬほどどうでも良い情報を与えている場合ではないんです。「自己紹介では一体何を、どう伝えれば良いのか?」を詳細に解説しますので、何度でも読み込み、そしてあなたにしか書けない最高の自己紹介を練り上げてください。
あなたは本当の意味で理解できていますか?読者との信頼関係を構築するのに最も適したメルマガの配信頻度と時間帯とは?
実は、あなたのことを知ったばかりの読者が、あなたに親近感を抱いてくれる最適な配信頻度、そして配信時間というものが存在します。ただ漫然と「1日1回19時くらいで良いかな?」と決めて良いものではないんです。最速で信頼関係を構築するためには、緻密に練られた計画のもと、そこから逆算してスケジュールを調整していかなければならないんですね。この計画を怠っていては、せっかく心を込めたあなたのメルマガが1通たりとも読まれないということになりかねません。そういった最も避けたい事態を未然に防ぐために、配信頻度と配信時間帯の具体的な決定方法についてお教えします。
メールマガジンのパワーを何倍にも跳ね上げ、収益を何倍にも跳ね上げるキラーメールシステムとは?
もはやこのシステムを導入しないのは恥ずかしいレベルだと思ってください。ただの馬鹿です、馬鹿。それだけ重要で、収益を何倍にも跳ね上げるだけではなく、何よりも読者様のことを考えた場合に絶対に取り入れなければならないものだと言えます。あなたも時代に取り残されないよう、そして読者様との深い関係構築のためにこのキラーメールシステムを使い倒してください。
あなたが何の知識もないド素人の状態だったとしても、最速最短でメールマガジンを収益化するために最適な読者との関係性とは?
趣味であれば別ですが、メールマガジンをビジネスとして取り組む以上、メルマガを収益化しなければやっている意味がありません。時間の無駄です。そして、収益化するなら早いに越したことはないですよね。では、最速最短でメールマガジンを収益化するために最適な読者との関係性は何なのか?についてお話しします。この理論を取り入れた結果、私の教え子はメルマガを始めた初月で月収100万円、4ヶ月目で月収400万円という驚異的な実績を叩き出すことに成功しました。あなたも私の教え子のように遠慮なく最短距離で稼ぎに稼ぎまくってください。
読者との「関係構築」においてこのメディアは外せません・・・メールマガジンというビジネスモデルを拡大させると同時に、まさに今、最盛期を迎えている“最高のメディア”とは?
このメディアを取り入れることで、あなたのブランドを“立体化”させることが可能になります。これまでメールのテキスト上だけの関係だったものが、ビジュアル化し、相互にやりとりができるまでになりました。だからこそ、読者との関係をより深めることができるようになったんですね。実際、このメディアの重要性に気が付いている人は多いのですが、効果的に活用できている人はほとんどいません。本当に一握りです。この最高のメディアを100%活用し、読者との距離を一気に縮める具体的なテクニックについてお話しします。
半不労所得を実現し、さらにあなたへの好感度を、完全自動で、かつ爆発的に高めるステップメール3段活用法とは?
ステップメールとは、予め配信日時を決めておいて、自動で配信されるよう設定されたメールのことを指します。たとえば、登録から1日目はAというメール、2日目はBというメールといった形で最初に設定しておけば、あとは自動でメールを配信してくれます。つまり、ステップメールの中にセールスのシナリオを入れておけば、集客をし続けるだけで不労所得がずーっと入り続けることになります。このパートでは、そんな素敵なステップメールの桁違いの破壊力をマックスまで引き上げる3つの活用法について詳細にお話しします。
99%の人が間違っているYouTubeの使い方・・・読者のマインドシェアを強奪し、メールマガジンの収益を最大化する本当のYouTube活用法とは?
YouTubeと言われると「集客装置」としての役割を上げる人が多いですが、私の場合は少し違います。むしろ、その使い方はもったいないとすら感じているんですね。YouTube活用のキーワードは『リアル』です。そしてその『リアル』がマインドシェアを奪い、読者からの信用・信頼へと繋がるんですね。読者から信頼を獲得する本当のYouTube活用法と、副次的に得られる“とんでもない効果”についてもお話ししますね。
メールマガジンを中心とした情報発信ビジネスが辿り着くべき究極の境地・・・まるでインターネットから現金を引き出すかのように、いつでも好きなときに、好きなだけの金額を生み出す唯一の方法とは?
この最終地点とも言える姿をイメージしながらメールマガジンに取り組むのと、そうでないのとでは、本当に天と地ほどの差があります。なぜなら、この辿り着くべき最終地点をしっかりと理解していれば、「日々の発信では何に重きを置くべきなのか?」が明確になるからです。根底の考え方が違って来るわけです。メールマガジンは一生涯に渡って稼ぎ続けることができる、本当に究極とも言えるビジネスモデルです。メールマガジンで稼ぎ続けるための唯一の方法について、あなたにだけお伝えしますので、あなたもずーっと稼ぎ続けられるスキルと身に付けていってください。

この第4章を一言で言えば、

「小玉のネタ帳、すべて見せます」

ということになります。

メールマガジンに取り組んでいる教え子を指導する中で
100%の確率で出て来る悩みがこれです。

「メルマガで何を書けば良いのかわかりません・・・」

この悩みに対する私の回答は
「書きたいことを書いたら良いんじゃないの?」なんですが、
やはり具体的にはどうすれば良いのか知れた方が良いですよね。

ということで、私が実際にどのようにして
メルマガのネタを構成しているのかを
1から10まで包み隠さずお伝えします。

この発想法を知れば、あなたは一生メルマガのネタに困ることはありません。

是非、楽しみにしておいてください。


>>>The Mail Magazine


第4章でお話しする内容を少しだけ公開すると・・・

あなたのメルマガ読者が、あなたのメルマガを読まざるを得ないほど読者を引き込む鉄板ネタ5選とは?
私がメールマガジンを書くときに常に意識している5つの鉄板ジャンルがあります。「今日は何を書こうかな~」と悩んだときにまずはこの5つに立ち返り、思考を巡らせることで読者に強烈な興味を持ってもらえるメルマガのネタが完成します。ここで重要なのは「読者に強烈な興味を持ってもらえるメルマガネタ」という点です。そもそも読者に興味がないことを発信したとしても読んでもらえるわけがないですから。ただ、私が推奨するこの鉄板ネタ5選であれば、間違いなく読者に興味を持ってもらうことが出来ますので、意識的にどんどんあなたのメルマガへ取り入れていってください。
「毎日書くことがあり過ぎて困る」「言葉が溢れて来る」・・・メルマガのネタが溢れ過ぎて書くことに困り果てるほどの発想を可能にする小玉式マインドマップ理論とは?
大事なのは、ある法則に従ってマインドマップ的に自由に発想していくという点です。「いや、これは・・・」などと制限をつけた途端につまらなくなってしまうので注意が必要です。この発想法を身につければ、あなたは一生メルマガのネタに困ることはなくなりますので、「毎日書くことがあり過ぎて困る」「言葉が溢れて来る」という体験を心ゆくまで楽しんでください。メルマガを書くのが毎日楽しくなるだけではなく、読者からの反応も格段に良くなることをお約束します。
日常では考えられないほどの強烈な刺激を脳に与え、面白いメルマガのネタをパッと浮かばせるマル秘テクニックとは?
メールマガジンを始めとする情報発信者は日常をネタ化することを習慣化する必要があります。ただ、たまには非日常をネタにしたいと思ったときに私が取り入れるのがこちらのテクニックです。普段では絶対に受けることがない刺激を脳に与え、いつもとは違った面白いネタを生み出す発想法をご紹介します。
書籍から最も効率的に情報を吸収し、一瞬にしてメルマガのネタへと昇華させる卑怯な方法とは?
ネタバレしてしまうと「おい、小玉!卑怯だぞ!」と言われてしまうかも知れませんが・・・私はこの方法をかなりの頻度で取り入れています(もちろん、本屋で立ち読みするとかそういう方法ではないですよ)。この方法を使うことで、かなり効率的に書籍の情報を吸収できますし、いつもなら浮かばないようなネタが浮かぶことがあります。ですので、あなたも積極的に取り入れていってください。
あなたが実際に体験したことを読者の関心と紐付けることで、グイグイ読み込ませる唯一の方法とは?
ポイントは「読者が一体何に関心を持っているのか?」という点です。そこを突き詰めることで、あなたの日常のあらゆる経験・体験がメルマガのネタになり、さらに読者が関心を持って止まない強力なネタになります。ある意味で、無限にアイデアを湧き出させるネタ発想法です。
これからのトレンドをいち早く掴み、メルマガのネタとして取り入れる最も効率的な方法とは?
今、旬のトレンドを押さえるのであればネットから情報を集めるだけでも問題ありません。しかし、「これから先」のトレンドとなると、ネットからの情報だけではなかなか厳しいものがあります。そこで活用するのがオフラインの●●です。誰でも簡単に活用することができますし、実際に私も頻繁に利用させてもらっています。あなたも、今日、今からでもこれからのトレンドを掴みに行くことができますので、すぐにでも取り入れていってください。
「気持ちの良いセールス」と「気持ちの悪いセールス」・・・この2つを同時に経験し、あなたのセールスに生かしつつ、メルマガのネタへと変換する最高の方法とは?
人からセールスを受けることに勝るセールスの勉強はありません。たとえば、書籍を読んでセールスのテクニックがどうだああだと書いてあっても、いまいちピンと来ないと思うんです。やはり、実際に目の前でセールスを受けて「このセールスは良い」「このセールスは悪い」と体感するに以上に刺激を受けることはありません。ただ、わざわざセミナーなどに参加してセールスを受けるのは面倒だと思いますので、もっと身近で数多くのセールスを体験できる“とっておきの場所”をご紹介します。
脳機能科学の世界的権威・苫米地英人先生も推奨!脳にいつもとは違う刺激を与えるために最も効果的な方法とは?
実際のところ、なかなかメルマガのネタが浮かばないときに、パソコンの前に座ってウンウン唸っていても良いアイデアはなかなか出てきません。そこで、大事なのはいつもとは別の角度から刺激を受けるということです。脳機能科学の世界的権威である苫米地先生も書籍の中で提唱されている、最も手軽に脳に刺激を与える方法をご紹介します。
年末ジャンボ宝くじ1000枚を購入した実体験から導き出された、面白いメールマガジン発行者の絶対的な条件とは?
「うわーこの人、面白いメルマガ書くなー」と感心する人は例外なく、この条件を満たしています。100%、100%です。私の場合は、年末ジャンボ宝くじを実際に1000枚購入したことがありますが、その結果は・・・となったら、どれだけ当選したのか気になりませんか?つまり、そういうことなんです。あなたが読者を惹き付けて止まないような面白いメールマガジンを書くための絶対的な条件をお教えします。

実際に1億円を稼ぎ続けている私にしかお話しできない
メールマガジンの収益化についてお伝えするのがこの第5章です。

ビジネスをする上での最重要事項だと言っても過言ではないかも知れません。

収益化なくしてビジネスは成り立ちませんからね。


第5章の前半ではメールマガジンのキャッシュポイント・・・

つまりメールマガジンからお金を生み出す方法というのは
アフィリエイトや自社コンテンツのセールスだけではありません。

実はかなり多彩なんです。

今回ご紹介する収益化の方法は合計で8つ。

そして、この8つすべてを満遍なくやっているのは
業界でこの私だけだと思います。

だからこそ、私はたった1人で年間3億円近い利益を
メールマガジンだけで生み出すことができています。

しかも、必要なものはパソコン1台だけです。

あなたにも是非取り組んでいってください。


また、5章の後半では読者心理の核心を突いたセールスのテクニックや
成約率を劇的に高めるメッセージの伝え方、、

つまり、スナイパーライフルのように読者の心をピンポイントに打ち抜く
メルマガセールスの真髄をお伝えしていきます。

そしてさらに、熱烈なファンを生み出し、
あなたのコンテンツをリピートしてもらう
具体的施策についてもお話しますね。

>>> The Mail Magazine

第5章でお話する内容を少しだけ公開すると・・・

小玉歩が年間3億円近い利益を生み出し続けているメールマガジンのキャッシュポイント8つをすべて公開します。
これまですべて公開することはありませんでしたが、「具体的に私が何をキャッシュポイントにして年間3億円近い利益を生み出すことに成功しているのか?」を包み隠さず公開しました。そして、その上で、あなたが着実にメルマガでの成果を伸ばしていくために、まず真っ先にあなたが取り入れるべきキャッシュポイントも合わせてご紹介しています。これからあなたがメルマガからどうやって莫大なお金を生み出していくのか?をイメージしながら確認してみてください。
「この商品は絶対に買わない!」と心に固く誓っていた読者ですら一瞬にして財布の紐を緩め、あなたから脊髄反射で商品を購入せざるを得ないほどの興奮状態へと陥らせる小玉式セールステクニックとは?
「もう既にこの商品は持っている」「今はお金がないから買えない」といった理由から、財布の紐をギュッと結び、絶対に買わない決意を固めている読者であっても、一瞬にしてあなたから商品を買う気を起こさせる方法が実は1つだけ存在します。おそらく、業界でも私だけが活用している“とっておきのテクニック”ですので、まだ誰も使っていないうちにあなただけが使い倒し、異次元の成約数を実現させてください。
勝ち誇った顔をして、これまで薄ら笑いを浮かべていたライバル達を出し抜き、恥をかかせるほど圧倒的に成約を獲得することができてしまう小玉式特典哲学とは?
情報商材のアフィリエイトで爆発的な成約を獲得するキモは、誰が何と言おうと「アフィリエイター特典」です。つまり、読者があなたの「特典」に尋常ならざる魅力を感じてくれたのであれば、通常では考えられないほどの成約を獲得できます。しかし、逆に「特典」に魅力を感じてもらえなければ、下手をしたら1本も売れない可能性すら出て来ます。なぜなら、あなたから買う理由がないからです。だからこそ、アフィリエイターは毎回特典に頭を悩ませるのですが、あなたはもう特典に頭を悩ませる必要はありません。教材本編より圧倒的な価値を読者に感じてもらい、何が何でも欲しいと思ってもらえるような特典を生み出す小玉式特典哲学をあなたに完全伝承します。
あなたの意のままに読者を操り、30万円といった超高額であっても盲目的に購入させてしまうKPT理論とは?
正直なところ、この手法自体はお伝えしたくはなかったのですが、プロダクトローンチと言われる手法に代表されるように、この理論が大手を振ってまかり通っているのが現状です。なので、今回はあなたがこの理論をセールスとして活用するのではなく、何か商品を購入するときに冷静な判断ができるように予防策として頭の片隅に入れておいてください。このパートでご紹介するのは、商品の中身が何なのかすら理解していなかったとしても半ば強引に売り込む手法です。誰も幸せにはならないため、参考程度の止めておいてくださいね。
「アフィリエイトをやるなら、まずはこれから!」と自信を持ってオススメできるアフィリエイト案件とは?
メルマガを始めて「さあ、アフィリエイトをやるぞ!」となったとしても「じゃ実際に何をアフィリエイトすれば良いの?」という疑問が出て来ると思います。そんな疑問にお答えするのがこのパートです。この案件であれば、あなたがセールスするハードルも低いですし、読者としてもそれほど購入に抵抗感がありません。まずはこの商品のアフィリエイトからチャレンジしてみてください。
あなたがメルマガセールスによって読者から商品を購入してもらうために、明確に回答できなくてはならない究極的に重要な2つの質問とは?
メルマガでのセールスがグダグダになってしまうのは、この2つの質問を明確に準備できていないからです。これらの質問に即答できるくらいでなければ、メルマガでのセールスは絶対に上手くいかないと思ってください。それくらい重要な質問です。逆に言えば、この2つの質問の回答さえガッチリ固めることができれば、読者はあなたから商品を買わざるを得ない状態に陥ることになります。なので、ライバルを圧倒するほどの成約を勝ち取ることが可能です。あなたもこの2つの質問を極限まで掘り下げ、何でも売れるスーパーセールスマンへの道を着実に歩んでいってください。
有料商材アフィリエイトの罠・・・アフィリエイターは一歩間違えばどん底に叩き落とされ、ホームレス同然の生活をしなければならない危機と隣り合わせだ断言できる理由とは?
確かに情報商材と言われるコンテンツのアフィリエイトは、報酬額も高く、メールを1通送るだけで何百万、何千万といった大きな金額を稼げる非常に効率的な素晴らしいビジネスモデルです。しかし、ほとんどのアフィリエイターは気が付いてはいませんが、実は一歩間違えば、一気に生活すら危うくなるような危機に瀕しているんですね。実際、専業アフィリエイターを名乗っていた人は、その大変が1、2年もすれば、どこかへ消えて去っています。あなたも同じ状況に陥ってしまわないように充分に気をつけた上で取り組んでいってください。
あなたは「人は感情で買って論理で正当化する」という言葉の意味を本当に理解できていますか?人が商品を購入する心理のメカニズムとは?
感情ベースで動かしていくこともセールスでは必要なことですが、感情を揺さぶるだけではセールスは上手くいきません。なぜなら、人は合理的な生き物ではないからです。人が何か商品を購入する心理のメカニズムを、具体的な事例を交えながら説明しますので、セールスに対する理解を深め、あなたの読者が購買行動を起こさざるを得ないほどのセールススキルを身に付けてください。
まるでミステリー小説を読んでいるかのように読者の精読率を劇的に高め、あなたの世界観にグイグイ引き込んでいくことで成約率を2.7倍に高めたキラーストーリーの描き方とは?
ストーリーの効果は絶大です。単なる説明や数字の解説はまったく頭に入らなくても、ストーリーは読者の感情に入り込んでいき、共感や好感度といったプラスの感情を引き起こすことが可能になります。あなたにもこういった経験はないですか?たとえば、よくわからない公式が並んでいる数学の教科書はほとんど覚えていないけど、国語の教科書に載っていた何気ない小説は記憶の片隅にずっと残っている・・・といったものです。ちなみに、私は未だに小学生の頃に読んだスイミーや赤い実はじけたといった物語を覚えています(笑)。それだけストーリーは、人に抵抗なく読ませ、そして記憶に根を張るということなんですね。このパートでは、読者を夢中にさせるキラーストーリーの描き方について説明します。
読者の想像力を極限にまで膨らませた上で、ワクワクした楽しい感情を喚起し、商品を買わなければ居ても立ってもいられないほど期待感を高める方法とは?
たとえば、「ピンク色のゾウを想像しないでください」と言われたら、思わず想像してしまいますよね?原理はこれと同じです。では、この原理をどうやってセールスに応用するのかを詳細に解説します。やることは非常にシンプルで、たったの2つです。逆に言えば、この2つを外してしまうと、読者が「何言ってんだコイツ?」状態になり、ポカーンとして気持ちが冷え切ってしまうことになりかねないので注意が必要です。使用法を正確に把握した上で、あなたのセールスに取り入れていってください。
読者に今すぐ購入を決断させた上で、実際に購買行動を起こさせ、購入した商品に満足感を抱いてもらうために必須のSL理論とは?
人は決断したくない生き物です。特に何かモノを買うとなったら金銭的な痛みを伴うので、決断を先延ばしにしようとします。具体的にはお金を支払うことで、支払ったお金がなくなるのが嫌なので「あとで買えば良いや」となるということです。あなたもちょっと想像してみて欲しいんですが、お金を失う痛みというのは凄まじいですよね。特に情報商材を買うとなった場合は、「うわー、これ本当に買っても大丈夫なのかなー…」と不安になりながらウンウン悩むと思うんですよ。なので、この壁を超えるのは容易ではありません。ありませんが、きちんとした手順を踏めば超えてもらうこともそう難しくはないんですね。そして、そのキモとなるのがSL理論です。人に行動を起こさせるにあたって非常に協力な武器にはなるのですが、一歩間違えれば読者を混乱させる結果にもなりかねません。ですので、活用の際の注意点も合わせてお伝えしますね。
読者の「好感度」をセールスに生かすテクニック・・・読者を購買行動へと駆り立てる「好感度」が持つ2つの側面とは?
1つは言うまでもなく、「この人が好きだからこの人から買いたい」という至極真っ当な好感度です。芸能人やアイドルのファンの行動原理に近いですよね。そして、重要なのがもう1つの側面です。こちら側の側面を使いこなすことができるようになれば、恐ろしいほどリピートが連鎖することになります。テクニックとしてお伝えはしますが、こちら側の好感度を使うかどうかは、あなたにお任せします・・・
セールスの「最後の最後の最後のメッセージ」で、大津波のように大勢の読者に行動を起こさせ、爆発的な成約数を可能にする“ちょっとしたコツ”とは?
私のセールスの特徴として「セールス最終日の成約数が異常」という点が上げられます。もちろん、セールス最終日はほぼすべての人が成約数を伸ばすことができるのですが、その中でも異常なほど伸びます。たとえば、セールス期間が10日間だった場合、これまでの9日間で成約した人数が100人だったとすれば、最終日に120人成約するといったことも多々あります。つまり、9日間のセールス期間が、たった1日の最終日に敗北した形です。では、なぜ私だけにこのようなことが可能なのかと言えば、ある法則に従った“ちょっとしたコツ”を掴んでいるからなんです。このコツを掴めば、あなたも最終日に信じられないほどの成約数を実現することができると思いますので、すぐさま活用していってください。

このThe Mail Magazineで私が最もこだわったことは

あなたにメールマガジンを始めてもらって
そして実際に稼いでもらうこと

です。

「うわー何か良い話聞けたな~」という
感想を抱くだけで終わって欲しくはないんですね。

実際にメールマガジンに取り組んでもらって
この教材を100%活用しまくって欲しいんです。

なので、この第6章では・・・

あなたがメールマガジンからキャッシュを生み出すために

「実際に、何を、どのような手順で始めれば良いのか?」

を順番に説明しているパートになります。

第1章~第5章までをしっかりと読み込み、理解したら、
この第6章を最大限活用して確実にメールマガジンを始めていってください。

第6章でお話する内容を少しだけ公開すると・・・

まったくのゼロの状態からメールマガジンを始め、最速でキャッシュを生み出すための具体的なステップとは?
やはり、これからメールマガジンを始めようという方の中で最も多い悩みが、「具体的に何から手を付けてメールマガジンを始めていけば良いのかわからない」というものです。確かにかなり検索して調べればわかるとは思います。思いますが、面倒なのは間違いないですよね。なので、あなたが実際にメールマガジンでキャッシュを生み出すまでの流れを具体的な手順とともにお伝えします。
メールマガジンで稼ぐスタートアップ・・・メールマガジンで稼ぎ始めるためにあなたが最初に始めるべき3つのメディアとは?
Facebook・Twitter・YouTube・ブログ・mixi・・・現在は本当にいろんなメディアがありますが、あれもそれもこれも全部に手を出していては結局どれも中途半端になってしまいかねません。きちんと優先順位をつける必要があります。あなたが最短距離で稼ぎ出せるロードマップを示しますので、今すぐに確認して正しい道筋を辿ってください。たとえ1秒でも時間を無駄にするのはもったいないですよ。
あらゆるメルマガ配信スタンドを使い倒したメルマガオタク・小玉歩が推奨するメルマガ配信スタンドランキングを発表します!
1ヶ月980円から70万円の配信スタンドまで、ありとあらゆる配信スタンドを網羅して使用してきた私が、独断と偏見で選んだ配信スタンドランキングを公開します。一口に配信スタンドと言っても、それぞれの特徴があります。価格の安さを追求したものもあれば、高額だけど98%の到達率を誇るもの、さらに使い勝手を追求したもの等々・・・あらゆる面から判断した総合ランキングを発表します。
なぜ、小玉歩は「狂気」とも言えるこだわりを持ってメルマガ配信スタンドの使用テストを繰り返しているのか?
「とりあえず安いところで良いや」という軽い気持ちで適当に選んでいては将来的に信じられないほどの損害を被ることになります。なぜなら、到達率が1%変わるだけで稼ぎの金額が激変するからです。計算してみたところ、私の場合は到達率が1%変わるだけで年間1700万円ほど損をする結果となりました。この損失が今後何年も続くと考えると・・・ゾッとしますよね。あなたも将来的に何百万、何千万円と損をしてしまう前に必ず確認しておいてください。
「サーバーはどこを使えば良いんですか?」と疑問にお答えします!小玉歩が実際に使用している推奨サーバーをあなたにもお教えします。
何を隠そう、私自身も本当に初心者の頃は「サーバーはどこを借りれば良いですか?」と聞いていました。「そんくらい自分で調べろよ…」と当時の自分に言ってやりたいくらいですが、やはり初心者が何もわからないのは当然ですよね。本当に気持ちはわかります。なので、ここでそういった疑問をすべて解消していただき、一切の迷いなくメールマガジンで稼ぎ出していってください。
アメーバブログ、ソネットブログ、livedoorブログ、FC2ブログ・・・一体どこのブログが最強で、あなたが使用すべきはどのブログなのか?
メルマガ配信スタンド・サーバーの次に質問が多いのは「ブログはどこを使えば良いんですか?」です。何にしてもメールマガジンを始めるのであれば、絶対にブログもセットで始めるべきですので、この疑問にもズバリお答えします。「私は初心者なので・・・」と悩んでいる暇があるなら、このパートを確認して一瞬で悩みを解決してしまってください。



>>>The Mail Magazine








[PR]
by kn19481 | 2017-08-18 10:48 | ビジネス 稼ぐ | Comments(0)