Google認定フォトグラファー講座(動画ダウンロード)




「新たな仕事」としてのストリトビュー

機材さえあれば初心者でもできる。
しかし、出来る様になるまでは時間がかかる。
綺麗なパノラマを作成しようとすればさらに時間がかかる。
それがストリートビュー「中を見る」作成という仕事です。

景気が良くなってきた実感が無い昨今ですが、ストリートビューに関しては激増してきています。
札幌でも徐々に浸透してきて、受注件数がとても増えてきています。
特にニセコの様な外国人の多い地域はストリトビューが世界どこでも閲覧できるため導入するお店や
興味を持っているお店が増えています。
その他、医療機関やインドネパールカレーなども導入に積極的な業界です。

全国的に導入店が増えている割には認定代理店も認定フォトグラファーも少ないため、他の業界に比べ、
競争が少なく利益の取りやすい仕事となっています。
今はチャンスです!
新たな仕事としてストリートビュー「中を見る」の作成を導入しましょう!
Googleストリートビューの今後は?

Googleストリートビュー事業はこれからも増えていくと思われます。
導入するお店が増えるに連れGoogleの検索結果、Googleマップの検索結果に表示されるお店が増えますので、
消費者の認識が高まり必要不可欠な広告要素として近づいて来ています。
現在、ネット検索上でもGoogleマップ上でも瞬く間に何千、何万件と増えています。
お客様である様々な業種のお店の方にも認識の浸透が始まっており、今後爆発的に増える可能性が高まっています。
認定フォトグラファーってなんなの?



ストリートビューの事業に興味はあるけどGoogle指定のいくつかある機材は何のために使うのか?
カメラの設定のISOやホワイトバランスってなんなの?
パノラマはどうやって作るの?
など、たくさんの疑問点が出てきてクリアしなければならないハードルが多すぎると考えている方も多いのではないでしょうか?
当社の認定フォトグラファーもプロのフォトグラファーでありながらパノラマ制作は特殊な技術となるため
苦労して探り探りここまでノウハウを積み上げてきました。
当社の「ストリートビュー講座」を受ければ初心者認定フォトグラファーとしての技術が身につきます。
当社で技術を身につけ、ストリートビュー事業への参入された認定フォトグラファーの皆様とは当社としても協力関係を築きたいと考えています。
初心者でもパノラマ撮影フォトグラファーとなれるようにレクチャーします。

当社で「ストリートビュー講座動画」を受講するとストリートビュー「中を見る」を撮影できるようになります。
現状どんな機材を使うことが最良なのか?
撮影時に気をつけなければいけないことはどんなことか?
綺麗なパノラマを作成するコツはなにか?
パノラマの継ぎ目がズレた時(スティッチズレ)どうやって繋ぐのか?
そのような問題をクリアし、初心者でも当社フォトグラファーと同じ最高品質のパノラマを制作できる認定フォトグラファーとなれるようにカリキュラムを組んであります。
不安な方にも朗報!サポートを一ヶ月用意しています。
講座で使う機材は最高品質のパノラマ作りを学ぶため一眼レフとしています。
一眼レフの中でもフルサイズのカメラを推奨しています。
なぜなら画質が向上する上パノラマを作成する時にAPS-Cサイズのカメラより楽に、そして正確につなげることが可能だからです。
当社のパノラマ作成技術のクオリティーについて

当社はストリートビューがお店フォトという名称の頃から
今日まで、お客様に喜ばれるパノラマを目指して考え、そして撮影スタイルを確立してきました。



Google社から提供される撮影方法にプラスしてパノラマを高品質にしたのです。
お店フォト当時はフォトグラファーのレベルにゴールド、グリーン、イエロー、レッドとランク付けされ
レッドになると認定剥奪でした。
そんな中、品質を上げゴールドを維持する必要があったのです。

今は規制もかなり緩和されました。
初心者でもストリートビューに参入できる反面、品質の問題がトラブルを起こしています。
お金を払って導入したストリートビューが明らかに格下のライバル店より劣って見えたら憤慨するのもわかります。

一番の要因は使う機材です。
お金をもらって高品質のストリートビューを納めるなら当然一眼レフカメラで撮らなければなりません。
写真を撮ることを目的に長い年月磨かれてきたカメラやレンズです。
コンパクトなレンズのついたカメラでは超えることができない画質を提供してくれます。

第二に撮影方法です。
スマートフォンで見られることが多いストリートビューで進行方向を指す矢印が直線方向へ進んでいるにもかかわらずあっちこっち向いていたら残念です。
これは撮影時に機材のセッティングをちゃんとできていないこと、撮影する場所が悪いことがあげられます。

この動画はこのような問題をクリアし、お金をもらっても良いレベルの技術が習得できます。



>>>Google認定フォトグラファー講座(動画ダウンロード)
















[PR]
by kn19481 | 2017-05-31 14:45 | ビジネス 稼ぐ | Comments(0)